全国膠原病友の会 三重県支部

【連 絡 先 】 〒510-1233
         三重郡菰野町菰野2690
         佐々木幸子
【電   話】 059-393-3230
【 F A X 】 059-393-3236

会の状況
【設   立】 1994年 (平成6年) 5月15日
【対   象】 膠原病患者・一般(賛助会員)
【会 員 数】 145名
【会   報】 支部「かけ橋」・本部「膠原」
【活動内容】 交機関誌発行、交流会、他団体との交流、行政への要望、メール、電話相談
【会   費】 年3,600円

・ 会の目的
 膠原病について正しい知識を高め、明るい療養生活を送るとともに会員相互の親睦と交流を図り、
研修(勉強)をします。

・ 膠原病とは、どんな病気なの?
 今日的に膠原病、「主に結合組織と血管に病変をきたす多臓器性の慢性難治性疾患」と定義さ
れた全身性の自己免疫疾患と考えられており、発症の原因は不明です。
膠原病に含まれる疾患は、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、強皮症、皮膚筋炎、
多発性筋炎、混合性結合組織病などがあり、慢性関節リウマチ、血管炎なども膠原病の一種に
含まれています。そのうちいくつかの疾患は国の特定疾患として認定されています。

・ 膠原病に共通する主な症状と治療法
 発熱、倦怠感、関節痛、筋肉痛などがみられ、これらは全身性の炎症によって生じます。
また、これらに加えてそれぞれの疾患特有の症状も現れ、皮膚、心臓、肺、消火器、脳、神経系、
血管、血液など、あらゆる臓器に病変が起り得ます。
 主な治療法はステロイド(副腎皮質ホルモン)や消炎鎮痛剤の使用が中心となりますが、
難治症例や重い副作用などでステロイドの使用が難しい場合は免疫抑制剤を使用したり、
血漿交換療法・免疫吸着療法などの血液浄化療法も取り入れます。

 私たちは病を克服すためにお互い励ましあい頑張っている患者会です。
この病気とは長〜い付き合いになります。同じ病気を持つもの同士、いろんな事が話し合える
会を皆さんで育ててみませんか?

もどる